院内・設備|埼玉県上尾市の歯医者|とも歯科 矯正歯科クリニック

時間
9:30~12:30
15:00~19:30

休診日:毎週木曜、(※)第一日曜、祝日

〒362-0047
埼玉県上尾市大字今泉16-2

  • 地図
  • メニュー

院内紹介

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    受付スタッフが明るく笑顔でお迎えし、丁寧な対応を心がけております。 何か気になることやお困りのことがありましたら、気軽にお声がけください。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    待合室 明るく清潔感のある空間づくりを心がけています。
    また院内ではFREE WIFIをご利用いただけます。くつろいでお過ごしください。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    キッズルーム お子さま連れの方も通いやすいよう、遊べるスペースを設置しました。カラフルなボールプールや滑り台など、お子さまがワクワクするおもちゃもいっぱい。退屈しがちなお子さまも、待ち時間を楽しくお過ごしいただけます。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    秘密の部屋 初診の際に、キッズスタンプカードを差し上げています。治療や予防でスタンプを10個集めてくれたお子さまには、がんばった子だけが入れる「秘密の部屋」で素敵なごほうびをプレゼント!

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    カウンセリングルーム 治療内容や計画については、カウンセリングルームでしっかりとお話させていただきます。プライバシーに配慮した空間ですので、周囲を気にせず何でも気軽にご相談ください。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    診療室(半個室) 診療台ごとにパーテーションでゆるやかに区切り、プライバシーに配慮しております。周囲を気にせず、落ち着いて治療を受けていただけます。

設備紹介

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    滅菌器

    それぞれの器具に適した滅菌器を使い分けることによって、器具についたウイルスや細菌を死滅させることができます。 お口に入る器具はすべてこの滅菌器で滅菌した清潔なものを使い、患者さまごと・使用ごとに取り換え、院内感染防止に努めています。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    CT/デジタルレントゲン

    歯科用CTは立体映像で歯の根、神経・血管の位置、顎の骨の厚みなどを鮮明に映し出せるため、精密な診査・診断を行うことができます。 またデジタルレントゲンは、従来のレントゲンと比べて被ばく量が1/10ほどに抑えられるため、身体への負担の少ない検査が可能です。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    口腔内カメラ

    患者さまに、歯やお口の中の状態をリアルタイムでくわしく伝えられるよう、口腔内カメラを導入しています。ミラーでは見えづらい奥の暗い箇所までしっかり映し出せるため、モニターで見ながら気になる部分をご確認いただけます。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    電動麻酔器

    人の手で行う麻酔注射は圧力にムラが出やすく、痛みを感じる原因となります。 電動麻酔器を用いることで、コンピューター制御で麻酔液を一定の圧力でゆっくりと注入でき、痛みを軽減することができます。また、麻酔の量も通常の半分ほどですむため、身体への負担がより少なくなります。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    説明用モニター

    診療台ごとに大きなモニターを設置しています。モニターにはレントゲン、口腔内写真、説明用のアニメーションなどの資料を映し出し、視覚的な情報を交えながら説明を行っています。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    根管拡大装置

    これまで歯の根の治療は、歯科医師の手の感覚とカンに頼って行われていたため、痛みがあり、時間がかかることがデメリットでした。根管拡大装置は柔軟性のある針が低速回転して短時間で根管を拡大・形成できるため、負担が少なく、精密な治療ができます。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    iTeroエレメント

    シリコンと石膏で作っていた歯型をペン型の専用スキャナーによりスキャニングすることでデジタルの3次元データとして採得できます。精度の高いデータを採得でき、また従来と比べてレーザースキャニングのため患者さまにかかる負担を大幅に軽減できます。

  • 埼玉県上尾市・とも歯科 矯正歯科クリニック

    拡大鏡

    歯は非常に小さいため、肉眼で捉えられる範囲には限界があります。拡大鏡を使うことで、小さな患部もしっかり捉えながら治療ができるため、歯の削りすぎや、症状を見逃すことが防ぐことが可能です。